どちらが歓迎? いまどきのかき氷と、いにしえのかき氷。

暑い夏はどうしてもかき氷。いまどきのかき氷のフィーリングは、ふわりイメージが硬いですね。口の中に入れると、すうっと溶けていくような知覚。それからシロップの自然イメージ。自然甘さと言うか、結果自体のフレーバーと言うか、やけにさっぱりしている。当然これはこれで誠に美味いのですが、人間がへそ曲がりにできているからでしょうか、昔のかき氷も食べたいなと思わず見まがうのです。昔のかき氷って、荒く削られていましたよね。口の中に入れて噛むとジャキジャキサウンドがするような、そんな感じだ。それからシロップは毒々しい原色で、頭にガツンと生じる甘さがありました。今日あんなかき氷はどこにもありません。とっくに絶滅してしまったかなとあきらめかけたシーン、なんとか見つけたのです。焼肉食べ放題のお店先にあった、自分で作るかき氷。大人にも乳幼児にも呼び物がなくて、誰も聞き流す末端でしたが、「ビビッビビッ」と、単独興奮してしまいました。DHA