熊肉などを食べる時には、食中毒に気をつけて下さい。

日本の食文化は、牛肉や豚肉をはじめ熊肉、イノシシ肉を食べる様々な習慣があります。

しかしながら、野生の肉を食べるのはリスクを伴いますので注意が必要です。

現在でも、北海道や東北の田舎では、熊肉を食べる習慣が残っておりますが、これは十分に加熱してから食べないと食中毒を引き起こす原因となります。

熊肉には、旋毛虫というものが寄生している場合が多く、この旋毛虫を人間が食べてしまうと、発熱、嘔吐、下痢などの症状が発症する事があります。

また、最終的に旋毛虫は血流に乗って全身を駆け巡り筋肉に寄生をすることから、筋肉痛が出たりします。

旋毛虫を死滅させるのには、十分な加熱が有効です。

もし、熊肉やイノシシ肉を食べる機会があるのならば、鍋等でグズグズと沸騰させ、十分な加熱を行なってから食べるようにして下さい。

加熱と並んで、寄生虫を死滅させる方法としてポピュラーな手段は、冷凍があります。

魚類などに寄生しているアニキサスは冷凍で死滅させる方法をとる事がありますが、熊肉やイノシシ肉に寄生している旋毛虫は、冷凍ではなかなか死滅しません。

過去に3ヶ月間も冷凍した熊肉で旋毛虫による食中毒を発症した例もあります。http://www.motorlaiviai.com/